看護師が自律神経失調やストレス過多にならないように勤務を選ぶ

看護師が自律神経失調やストレス過多にならないように勤務を選ぶ

3交代制

看護師のお仕事をする際、勤務先などによって、勤務形態が様々ありますよね。そのため、その勤務形態によって、新しいお仕事を選びたいという方も、いらっしゃると思います。では、看護師のお仕事の勤務形態、3交代制についてご紹介しましょう。

 

この3交代制で勤務を行っているところは、今は多くあります。3交代制は、看護師を3つのチームに分け、24時間を8時間ずつ分担して、お仕事をしていくことになります。3交代制の場合には、日勤、準夜勤、夜勤の3つの勤務時間があり、看護師はその担当時間に勤務することになります。この3つの勤務時間を、ローテーションを行い、勤務していくことになります。

 

ちなみに、日勤の場合には朝の8時から16時まで。準夜勤は、16時から夜の0時まで。夜勤は、深夜0時から翌朝の8時までが一般的となっています。実際には、次のローテーションの看護師の方とは、30分かぶるようになっており、その際に患者さんの様子などを連絡することになっています。この連絡があるからこそ、患者さんの様子が、看護師の方は把握しているということになります。

 

また、この30分の時間には、他の看護師とのコミュニケーションを取る大切な時間ということにもなりますね。同じ職場で働く同僚でもありますから、コミュニケーションの時間は大切ですからね。

 

同じ職場に勤めながら、一日顔を合わせないこともあるというのは、看護師の仕事ならではといえるかもしれませんね。

2交代制

看護師のお仕事は、様々な勤務形態がありますよね。勤務先によっても異なりますし、担当している場所によっても異なってきます。

 

では、その様々な勤務形態の中のひとつ、2交代制についてご紹介しましょう。最近は、この2交代制の勤務形態をとっているところが増えているといいます。2交代制の場合には、日勤と夜勤の二つの勤務時間に分かれることになります。

 

一般的には、日勤は昼間の約8時間の勤務。夜勤の場合には、夜の時間帯を中心に約16時間勤務することになります。中には、12時間ずつの交代制で勤務を行っているところもある様。2交代制の場合いは、勤務すると時間が長いため、かなりきついのでは…と思いますよね。確かに、3交代制と比べると、勤務時間帯は長くなってしまいます。

 

しかし、2交代制をとることで、休日が多くとれるというメリットがあります。看護師のお仕事は、かなり過酷なものともいえますから、しっかりとお休みをとって、心も体も休めることが大切ですからね。

 

実は、この2交代制のシステムは看護師の方にとっては、期待されています。看護師の方の中には、労働条件が厳しいために辞めていくという方も、多くいらっしゃいます。しかし、この2交代制のシステムにすることで、休みも多くとれるようになり、連休なども可能となることから、労働条件が改善されると期待されています。

 

転職を考えている方は、2交代制のシステムを行っているところを探すというのも、一つの選び方かもしれませんね。

準夜勤

看護師のお仕事の中でも、準夜勤は大変。では、この準夜勤はどのようなことを行っているのでしょうか。

 

まずは、日勤の看護師から患者さんの様子などを聞くことになります。そして、すぐに夕食の時間帯になってしまいます。夕食の準備として、配膳を行うことになります。患者さんの中には、食前にお薬を服用する方もいらっしゃいますので、看護師はお薬の説明などが必要になる場合があります。そして、夕食時には自分で食事を取れない患者さんの介助を行うことになります。

 

そして、次に準夜勤の看護師の仕事は就寝に向けての準備。患者さんが、眠れるように準備を行っていくのも看護師の仕事となります。就寝前に、患者さんによっては検診が必要となることもあります。そういった患者さんがいる場合には、検温や血糖値を測ることになります。そして、患者さんたちは就寝することになります。

 

患者さんが就寝したら、看護師も休めると良いのですが、そうもいきませんよね。看護師は、定期的に患者さんの様子を見て周る必要があります。患者さんの様子がおかしいと、早くに気づくことで早めに対応を行うことができます。また、必要な場合には医師をすぐに呼ぶこともできますので、夜の時間帯の巡回はとても大切なものとなります。

 

このように、準夜勤でも看護師のお仕事はいっぱいあります。何よりも、患者さんの就寝後は気を抜けない時間帯となりますので、精神的にも疲れる勤務時間といえるのではないでしょうか。

深夜勤

看護師のお仕事には、様々な勤務形態がありますよね。中でも、きついのは深夜勤ではないでしょうか。深夜勤の日は、やはり嫌という方も多いと思います。

 

この深夜勤は、どういったお仕事を行うのでしょうか。
参考サイト:看護師転職サイト夜勤専従で働く求人

 

深夜勤の看護師は、朝の患者さんの採血などを行うことになります。そのため、その検査の準備を行う必要があります。また、夜寝ている患者さんを巡回する必要があります。具合いが悪そうな人がいないか、点滴をしている患者さんがいる場合には、点滴が終わっていないか、寝たきりの患者さんがいる場合には床ずれ予防のために、体を動かすことも必要となります。

 

そして、朝が来たら6時には、患者さんの検温、脈拍や血圧などを行うことになります。採血が必要となる患者さんの場合には、この時に採血を行うことになります。そして、朝食の時間になると配膳を行うことになります。患者さんの中には、食事が自分でできない方もいらっしゃいますので、食事の介助を行うこともあります。

 

ざっとお仕事を見てるだけでも、かなりの仕事を行う必要がありますよね。深夜勤の時間帯には、お昼間より看護師の数も少なくなりますから、それだけお仕事量も多くなってしまいます。深夜勤が一番過酷、といわれるのも頷けます。

 

転職を考えている看護師の方の中には、こういった深夜勤の過酷さが理由のひとつになっている方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、夜勤がないことを転職条件に考えてみてはいかがでしょうか。

休日や有給休暇

看護師の方は、日々過酷なお仕事をしていると思います。そのため、体も心も疲れているという方も、多いのではないでしょうか。

 

そんな方は、しっかりとお休みを取れていますか。看護師の仕事のお休みは、ローテーション勤務となっているため、不規則なお休みとなります。勤務先によっても、このお休みの決め方は異なるでしょうが、担当の方がローテーションを作り、渡されたローテーション通りにお休みを取るという方法。同僚同士で希望を取ながら、ローテーションを作るという方法もあるでしょう。不規則な勤務だからこそ、こういった休日は重要ですよね。

 

また、看護師の方も一般のお仕事と同様に、有給休暇を取る権利があります。そのため、ローテーションで決められたお休み以外にも、有給休暇を利用して、お休みを取ることが可能となります。中には、忙しくて有給なんて取れないという方、有給を取りたくても言い出せないという方も、いらっしゃるかもしれませんね。

 

有給休暇は、労働基準法で保証された権利となりますので、有給を取たんだけどなぁ…と思っている方は、しっかりと有給は利用するようにしましょう。有給休暇は、1年目には10日間。2年目以降からは、1日ずつ有給休暇がもらえることになります。

 

ローテーション勤務が辛く、転職を考えている方は、土日の休みが欲しいと考えている方も多いと思います。そんな方は、土日お休みのクリニックなどを選ぶと良いのではないでしょうか。